スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

「心に残った絵本」 


FC2トラックバックテーマ  第844回「心に残った絵本」



今日は、トラックバックテーマに乗っかってみます。

私が子どもの頃に読んだ絵本の中で、今でもずっと心に残ってる一冊・・・

「ももちゃん ねずみのくにへ」

松谷みよ子さんの、ももちゃんシリーズのひとつだったはずなんですけど。

不思議な世界で、何度も何度も読み返した覚えがあるのです。
内容は、すでにうろ覚えなんですが、絵がいくつか浮かぶんですよ。

ももちゃんが、お友達の男の子(たぶん)と二人で食事をしているシーン。
ねずみの国で、真っ暗な中どたどたとしているシーン。
ももちゃんが、壊れたイスにハンカチで手当てしているシーン。

何か、暖かく、勇気にあふれ、やさしいお話だったという記憶です。

何で、これがここまでにも印象的なのか、自分でも不思議です。

その本は、ボロボロになり、いつの日か捨てられたのだと思います。

DSC_00862009-10-29_12-26-27.jpg


自分の子どもが生まれて、子供たちにどうしても読ませたいのと、自分がもう一度手にしたかったので、あちらこちらで探したのですが、見つけることはで来ませんでした。

どこの本屋にも無くて、あまりに影も形も無いので、あの本は本当にあったのだろうか・・・
あの本は、本当のももちゃんシリーズだったのだろうか・・・

などと、疑ってしまうこともありました・・・

遠い記憶・・・

今回、このテーマによって、この本をまた思い出しました。

今度は、本屋で探すのではなく、ネットという手がありました。


ありました♪ありました♪

存在していました・・・が、入手は不可能のようです。


でも、存在が確認できて良かったです。
いつかまた、出会える日があるかな・・・


DSC_00292009-10-29_12-00-34.jpg



2009/11/07 Sat. 21:39 [edit]

category: 日常

cm 4  tb --  

コメント

NoTitle

こんばんは。

そんな思い出があるんですね。
でも素敵ですね。

あ、今日の写真とっても暖かい写真ですね。

mixcat #- | URL
2009/11/07 21:52 | edit

mixcatさんへ

こんばんわ。

ありがとうございます。
絵本は、子供心にワクワクして、絵の持つ雰囲気に浸っていたのかもしれません。

くう #- | URL
2009/11/08 00:15 | edit

hahaぽんさんのように心に残った絵本は無いですね。
持っていた絵本といえば何処にでもある「ももたろう」や「白雪姫」に「シンデレラ」でした。
童話では「びりっかすの子ねこ」が記憶に残ってます。
子ねこが苦労するのが耐えられなくて、手にしてから読み終えるまで随分時間がかかったことを覚えてます。
hahaぽんさんの「ももちゃん ねずみのくにへ」と同じ用にまた出会いたいですね。

はらり #jcESvuvA | URL
2009/11/08 15:06 | edit

はらりさんへ

絵本は、色々あった記憶がありますが、特にこれは印象的でした。
童話ですぐに思い出すのはアンデルセンの「人魚姫」です。
ハッピーエンドではないというのは、子供心に非常に納得がいかないもので、泡になって消えてしまうという悲しさというか、恐さがありました。
あと、その物語を読むとき、今まで声を出して読んでいたのに、母に、いい加減黙って読みなさいと、注意されたのでした。
心の中で読むのよ。。。と言われ、どういうことかさっぱりで、不満いっぱいになった記憶が・・・^^;

くう #- | URL
2009/11/08 17:42 | edit

コメントの投稿

Secret

2017-10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。